酸洗いによって、メッキの付きを良くしています

無電解めっきでも、電解メッキでもメッキ前には、酸洗いを行います。メッキがよく着くように事前に行うのですが、その原理はメッキをする金属などの表面の酸化膜を落としたり、表面を荒らしてメッキが着きやすくするのです。使用される薬品は塩酸や硫酸・フッ酸などです。特に表面を酸で溶かして荒らす事をエッチングとも呼びます。金属などの表面の膜を取ることから、化研(化学研磨の意味)と言われることもあります。酸洗いを行なう製品の材質によって、使用する酸や時間・濃度などが決められます。短時間で行う場合が多いのですが、短い時間でもとても効果的に表面の汚れ等を落とすことができます。電子部品の電極にメッキする場合など、メッキ作業の前には必ず行われます。

酸洗いを行なうには、専用の施設が必要

酸洗いは、人体に影響のある塩酸や硫酸などを使用するので、専用の施設が必要です。排気を十分に行わなければならないのですが、そのまま有害な酸が外に排出されないように、スクラバー(排気の施設)を設置することが必要です。スクラバーは吸い込んだ大気中の有害な物質を、水を通して排出することで無害な大気のみ排出します。また、廃液の管理も重要で、廃酸は中和して排出するか、専門業者に引き取ってもらって処理しなければなりません。これら一連の酸洗いを行うのに必要な設備は特定施設として、行政への届出や許可が必要になります。そのため、個人で自由に酸洗いは行えません。専門のメッキ工場などへ依頼することが良いでしょう。

酸洗いは「酸処理」とも呼ばれ、金属加工の際に生じた焼けやさびなどを塩酸や硫酸を用いて除去する技術です。