処女膜強靭症による性交時の弊害について

性交の際に女性が痛みを感じる場合、処女膜強靭症が原因の可能性があります。俗に処女膜と称される膣内部のひだは弾力性に富んでいるので性交を複数回行うことで抵抗の無い形状に成形され、出血や痛みは発生しません。しかし、処女膜強靭症の場合は処女膜を形成するひだが厚いことから成形されず、性交を行うごとに出血や痛みに見舞われてしまいます。状態が酷いと性器の挿入も出来ないことがありますが、生理の出血は異常無く生じるので自分では気が付きにくいのが問題です。性交が適切に出来ないと相手との関係に不具合が生じることもあるので、医療機関での適切な治療による状態の改善を図ることが求められます。

処女膜の切開治療と健康管理の注意点

処女膜強靭症への治療は痛みの発生源である厚いひだを切開するのが一般的な方法です。ひだの形状によっては完全に切り取って取り除くこともありますが、軽度の状態であれば切開して成形しやすい状態にすることで治療を終わらせることが出来ます。入院の必要が無い日帰り手術で処置出来るため、多忙な人でもすぐに状態を改善出来るのが利点です。

治療を受けた後は傷口からの細菌感染を防ぐため、膣を清潔に保つことを心がけます。また、切開した傷が完全に塞がるまでは性交の他、血流の増加に繋がる自慰も避けるのが賢明です。処女膜強靭症は適切な治療を受けることで完全に解消することが出来ますが、体調の変化などの要因で再び処女膜のひだが厚くなる可能性があります。定期的に検査を受け、異常が生じていたらすぐに処置してもらうのが痛みの無い性交を楽しむための秘訣です。

処女膜強靭症とは、処女膜が生まれつき人より少し分厚く、堅い状態の事を言います。性行為の時に痛みを感じる人に多いです。